加齢により体重や体脂肪が増える原因

多くの人が、年齢を重ねるに従って、自分の体重が増えてきているのではないでしょうか。年をとると、人間の体は基礎代謝が低下します。それが原因で、体重がだんだんとふえていくわけです。基礎代謝とは、じっとしている時でも使うカロリー量です。体重が増えたり、体脂肪が増えることは、基礎代謝が低くなり、最低限消費するエネルギー量が変わることと関係があるわけです。自分の基礎代謝を増やすにはどうするかを知ることが、年をとってからの体重を増やさないためには大事です。昔は、ダイエットを考える必要が全くなかったという人でも、年をとれば基礎代謝は下がっていきますので、体重が増える可能性が高くなっていきます。特に、若い頃と変わらない食生活を続けているというような人は、体重や体脂肪が増加することは当たり前のことです。食事内容を見直し足り、運動の習慣をつくることで、基礎代謝の高い体になるようにしましょう。ダンベル運動や、バランスボールエクササイズなど、運動に自信がない人でも軽い気持ちで挑戦できるような運動を続けるだけでも、基礎代謝を高める効果を得ることができます。筋肉をつけるために筋トレを行って、基礎代謝の高い体になることで、ダイエットがしやすくなります。筋トレをする時には、下半身の筋肉や、腹筋や、背筋のような、大きな筋肉を意識して強化することで、基礎代謝をより高くできるでしょう。筋トレに不慣れな状態で、過度の負担をかけすぎると筋肉にダメージを与えることがありまえので、スタート時は軽い運動から行っていきます。年をとると、体脂肪が増え、体重が増加しやすいので、その点を踏まえてウエイトコントロールに取り組みましょう。